そこに咲く花のような人・・・美人について考える

ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」を観ました。

主演の新垣結衣さんに惹かれて,途中から見始めましたが…

石田ゆり子さんが,とにかく可愛らしい!

美人であることは一目瞭然です。注目すべきは,47歳とは思えない愛くるしさ。

イケメンに告白され,「おばさんをからかわないの!」と照れ隠しの笑顔。強がりの後の涙…

本当に美しい人は,顔のつくりだけでなく,表情が本当に魅力的ですね!

月並みな言葉ですが,表情には人生が表れますね。どんなことを考えて,どんな人たちに囲まれて,どんなふうに生きてきたか。

年を重ねれば重ねるほど,強く表れる気がします。

美人だけど印象に残らない人…強く印象に残る人…その違いは表情なんだな~と強く感じました。

ただの美人が陽炎なら,本当の美人は野に咲く花です。咲き,枯れ,消えてゆきますが,たしかにそこに存在するのです。

ちなみに私はどちらでもないです。しいて言えばパックンフラワーです。