うちに上げるお友達

我が家はマンション住まいです。

マンションには小学生の息子と同じクラスの一年生男子もいて、たまにうちに遊びに来ます。

しかし最近、その子がマンションのお友達ではない子を一緒に連れてきました。

それからというもの、そのマンションには住んでいないクラスの男子もたまにうちに来るようになりました。

それはまあ良いのですが、ママ友と話していた時に、うちはその子のママさんの連絡先知らない子は家にあげないよ、と言ってました。

旦那さんから、家のものを壊されたりしたら困るから連絡先も分からない子を上げないようにとお達しが出ているようです。

でも納得しました。

万が一の時に連絡出来ないとなると、お互いに困りますからね。

そのお友達の家で用が出来て早く帰ってきて欲しいとなった時にも、連絡もらえないし。

となると、やはりあまり私がママ付き合いをするのは得意ではないとはいえ、次に学校で顔を合わせた時には連絡先くらい交換しておかないとならないですね。

そう、別に特に私自身とママさんに仲良くしてもらう訳ではなくても、子供同士で何かあった時に連絡くらいしたいですから。

そういう大義名分がないと子供のお友達のママに連絡先聞くのって遠慮してしまう私なのでした。

子供のお友達に気持ちよくうちに上がってもらえるように親も頑張りたいです。

きみは会うたびに成長しているんだね。

今夏、引っ越してから初めて実家に帰郷した時の話です。

今まで毎月か2回のペースで、息子と共に実家に帰っていました。
実家から住んでいた家まで、車で40分ほどでした。
それが引っ越しによって、離れ離れに。

私の実家は二世帯住宅だったので、自分の両親のほかに祖父母も一緒に住んでいました。

いつもひ孫と出会えるのを楽しみにしていた祖父母。
会いに出向くたびに、息子の成長をみて喜んでくれたり遊んだり。
とても楽しそうでした。
なので、引越すことを伝えたら誰よりも落ち込んでいた2人。

今夏の帰郷は楽しみにしていたようで、出向く前からちょくちょく連絡してきては、
何が食べたい?いかなる遊びをしようか?など、孫の私よりもひ孫の息子に質問攻めでした。

そうして帰郷。
初日はもう目を輝かせながら、息子の話を聞き入っていた2人。
その様子をみて何だか、おじいちゃん、おばあちゃん孝行したなあっと1人でしみじみしちゃいました。
もちろん私の両親も同じで、親孝行もした?孫の力は恐ろしいだ。

1週間ほど滞在し、舞い戻る日。
祖母以外は、みんな仕事だったのでいませんでした。

朝食を食べていたら、息子が祖母に
「ひいばあ、大丈夫?僕たちが帰ったら、ひいばあ1人になっちゃうよ?
寂しくない?大丈夫?」

こういう一言で、祖母はウルウル涙目になっていました。
「心配してくれて、有難うね。○○はやさしいね。」

息子の成長を感じた出来事でした。
このまま、手厚い男子に育ってほしいだ。

我が家のうさぎくんが常々幸せでありますように

うちで飼って掛かるうさぎが我が家にやって来てから、もうすぐ通年が経とうとしています。
ホーランドロップイヤーの白黒カラーのうちの人はやんちゃっこ。
記号をかじったり、テレビ机の上に飛び乗ったりと大きくなるにつれて新たないたずらを覚えて赴き、その度に記号を続けるものを購入して設営したり、テレビ机に段ボールで困難を作ったりと方策をたててきました。
時々ぱくりと甘えて噛んできたり講じる甘あれこでもあるうちのうさぎ氏。
かわいくてかわいくて甘やかしてばかりいるので、ちょっと我儘に育ってしまったような思いはしますが、なのでいいのです。この子が面白く幸せに生きられれば。
うさぎの寿命は7~8クラスと言われています。
うちのうさぎ氏はいくつまで生きてもらえるんでしょう。
ペットを養うっていうことは、お別れが確実に存在しているということなんですよね。
こんなに明るいうさぎ氏が居なくなってしまったら、我が家は、こちらは、どうなって仕舞うんでしょう。
ただそこに掛かるだけで、みんなの内をぱっと明るく照らして得るうさぎ氏は、いつかはいなくなる。
この子がいなく向かうその日まで、多少なりとも通常を幸せに生きられますようにと、年中願いながら、こちらは今日もうさぎ氏を撫でています。

ゾンビだらけの世界で養育できるか

今子育てですけど、ゾンビに襲われたらいかんせんって生活考えてます。

持ち家に籠城していれば良さそうだけど、ゾンビはメロディーに反動して訪ねるからなあ。
ちびっこが泣く度持ち家の周囲がゾンビだらけになっちゃうますね。人類がちょっとぶつかったくらいじゃ持ち家は倒れないけどゾンビの群勢に来られたらどう患うんだろう。
散歩・デッドのハーシェルの持ち家のはそれが原因で倒れちゃいましたね。

うーん、わたしの持ち家は確実にハーシェルの持ち家よりもろいからヤバみたい。

あとは子供だとミルクの続行も大変そうですね。
ミルク飲ませたらいいじゃんて思うかもだけどゾンビだらけの世界で妻は疲弊してミルク出なくなってるかもしれない。

ミルクも限りがあるし育児世帯が集中した科目だったら一瞬でなくなっちゃう。

そこでいつか、ミルク出ないユーザーがどうしてたのかなーとして調べてみたら重湯を飲ませてたんですね。

今では玄米クリーム達するものを授けるひともいるみたいで。
玄米クリームはアメリカの粉から作ったりおかゆ作ったあとに布で濾して始めるみたいです。

そうして今はアメリカの支出かさが減ってるからアメリカなら余ってるのかな?安全な土地で陸稲を育てても良いし。

ええ。なんとかゾンビだらけの世界でも育児出来そう!!