私がラーメン屋を好む理由

私は外食に行くとほぼ確実にラーメン屋で食事を行いますが、これにはいくつかの理由があります。

まずラーメン屋の場合はかなり多くの店がスープを店自らで仕込んでいます。私は外食に行く場合、コンビニやスーパーの下位互換のような店は絶対に選ばないようにしており、仕込んだスープにラーメン屋の店員の知恵と努力が込められているということを何よりも重視します。

次にお腹一杯なることも外食においては非常に大切だと思っています。確かにラーメンは塩分や脂肪分、カロリーが高いためどうしても健康食とは言い難いですが、たった600円程度でお腹一杯になるという満足感の高さがあります。当たり前ですが、どんなに美味しくても値段的に気軽に食べられるのでなければ、私のお気に入りの外食ジャンルとはなりえないのです。

私は子供のころ、店で出すようなラーメンを「ただ臭くて脂っこい」程度にしか思っていなかったのですが、そんなラーメンのことが20歳ぐらいの頃から好きになりました。多分ですが私の味覚が大人のそれになったのでしょう。

こんな風にラーメンについてのブログ記事が違和感無く書けるのは何となくながらもラーメンを食べ続けていたおかげだと思っています。